menu

2019.02.28

yoshikawa

[ベーススクール] 【初心者〜中級者向け】練習前のウォーミングアップフレーズを紹介します!

2019.02.28| by: yoshikawa
ベーススクール / スクール

皆さんご無沙汰しておりました、キッカベース講師の吉川です!

今回は初心者〜中級者方にオススメしたい、ウォーミングアップフレーズをいくつか紹介したいと思います!

左手の運指の矯正にも効果があるのでチャレンジしてみてください〜!

〜POINT〜

しっかりと音が出るテンポから始めて徐々に早くしていって下さい。

・左手の運指を指定してありますので参考にして下さい。

・メトロノームやクリックを使って練習しましょう。

※手や腕に痛みを感じたら無理せず休んで下さいね。

 

では、さっそく譜面をどうぞ!(譜面はクリックで拡大します)

各フレーズも解説していきます!

EX-1A

4弦1フレットから始めて小指が1弦12フレットまで到着するまで続けましょう!(譜面は省略してありますが同じ指使いで12フレットまでやりましょう)
左手は人→中→薬→小指の順番で押さえましょう。

EX-1B

1弦12フレットから始めて人差し指が4弦1フレットまで到着するまで続けましょう!(譜面は省略してありますが同じ指使いで1フレットまでやりましょう)
左手は小→薬→中→人の順番で押さえてください。

フレーズに慣れてきたらEX-1Aと繋げて弾いてみてください!

Ex-2

Cメジャースケールを崩して弾いた基礎練習になります。

こちらは8小節のフレーズになっています。3弦3フレット、中指から弾き始めましょう。

こちらもゆっくりなテンポから徐々に早くしていきましょう!

Ex-3A

こちらは3連譜のリズムでの基礎練習です。
普段あまり使わない運指なので左手に負荷がかかり、ウォーミングアップに最適なフレーズになってます。
指を立ててしっかりと押さえるのがポイントです。

EX-3B

12フレットからの戻りのフレーズです。
難しいのでゆっくりなテンポから練習しましょう!

Ex-4

Cのダイアトニックコードをコードトーンで弾いたものです。
各コードの響きを感じながら弾けると耳も鍛えられますので、余裕が出てきたらそちらも意識してみると良いです。
綺麗に音が出るようにゆっくりなテンポからチャレンジしてみて下さい!

まとめ

いかかでしたか?
しっかりとウォーミングアップをしてから練習をすると効率もあがって上達も早くなるので是非試してみて下さい!

レッスンではここには載せきれなかったフレーズや実際にアドバイスをしながら練習出来ますので、興味ある方は是非体験レッスンにお越しください♪

お待ちしております!