menu

2019.03.19

yoshikawa

[ベーススクール] 【初心者向け】エレキベースを始めるにあたり必要な物とおすすめ機材紹介!【機材レビュー】

2019.03.19| by: yoshikawa
ベーススクール / 雑談

こんにちは!キッカミュージックスクール、Bass講師吉川です!

先日レッスン中生徒さんから

ベースは持ってるけど他に買ったほうがいいものありますか?

先生のおすすめ機材を教えて欲しい!

という質問を受けました。

 

ということで!

今回のブログはエレキベースを始めるにあたり必要な物と初心者さんにおすすめな機材を紹介しようと思います!

必要な物

まずはベースを始めるにあたって必要な物を書き出していきます。

  • エレキベース

これが無ければ始まりませんね。笑

ベース本体です。好きな色や形、音色、憧れのアーティストと同じモデルなど自身のモチベーションが上がる楽器をオススメします。

ベースの種類についてはこちらのブログで紹介していますので参考にしてみて下さい!

ベースの種類について

チューナー

ベースのチューニングを正しく合わせることの出来る機械です。

チューニングが合っていないと周りの楽器や曲と音がズレてしまい不協和音になってしまいます。。演奏前や練習前には必ずチューニングをする癖をつけましょう!

チューナーには手のひらサイズの物からペダル式、クリップチューナーなどたくさんの種類があります。最近ではスマホのアプリでもチューナーがあったりして便利な世の中になりましたよねぇ…。

僕が使っているのはKORG/AW-LT100Gというクリップタイプのチューナーで、家での練習やスタジオ練習におすすめのチューナーです!

シールド

ベースとアンプを繋ぐケーブルです。値段はピンキリなのですがあまり安いものですと断線しやすいので注意して下さい!

僕のおすすめはCANAREのシールドです。値段の割に丈夫で音も良いです。カラーバリエーション豊富なのも嬉しいですね!

アンプ(ヘッドホンアンプ)

アンプはベース用のスピーカーです。自宅で使うものは小さいモデルで十分です。

リハーサルスタジオやライブ本番でもアンプは必ず使用するものなので早めに慣れておくといいと思います。

気をつけたいのがアンプを鳴らすと周囲に音量や低音がかなり響くのでアパートや住宅地などでは音漏れ等の近所迷惑に気をつけ下さい!!

住宅事情で大きな音が出せない場合はヘッドホンアンプがおすすめです!ジャック(シールドを挿す場所)に直接挿してイヤホンやヘッドホンでアンプの音を聴くことが出来ます。

代表的なモデルはVox/amPlug2 Bassですね。値段も安めなのでお試しに買ってみるのもアリだと思います!

メトロノーム

メトロノームを使って練習するとリズム感を養うことが出来ます。マルチエフェクターやヘッドホンアンプに内臓されているドラムマシンのプリセットでも良いです!

電子式や昔ながらのゼンマイ式がありますが、電子式がおすすめです!(ゼンマイ式は水平な場所に置く必要があり、音量もコントロール出来ないので)

こちらもスマホのアプリでもあるのでそちらから探すのも良いでしょう◎

メトロノームを使った基礎練習の紹介はこちら!

【初心者〜中級者向け】練習前のウォーミングアップフレーズを紹介します!

〜番外編〜あったら便利なモノ

こちらは箇条書きしていきます。

・ピック…ピック弾きを練習する場合は必須です。

・ストラップ…立って弾く時の必需品。好きな柄、材質を選びましょう!

・爪切り…爪が長いと弾きにくいので常に短めにしましょう。

・クロス…楽器を拭く専用の布です。練習後はクロスで楽器を拭きましょう。

・ストリングワインダー…通称アルトベンリー。弦交換を素早く行うことが出来ます。

・譜面台…あると何かと役にたちます。

まとめ

いかがでしたか?

便利な物が増えていく反面、選択肢が増えたことによって本当に自分に合った物、必要な物を探し出すのも大変になってきました。

初めから全てを揃えるのでは無く徐々に必要なものを買い足していくでもいいと思います!一気に揃えるとお金かかりますしね。笑

わからないことがありましたらコメントしていただくか、無料の体験レッスンなどもございますので是非ご利用ください♪

それでは!