menu

2015.06.26

iso

[ギタースクール] 失敗談!(笑)

2015.06.26| by: iso
ギタースクール / スクール

さてさて、今日は長年音楽をやってきて起きた悲惨な(笑)失敗談みたいなお話です♪

とある日、携帯に仲良くさせてもらってるミュージシャン仲間から一本の電話。

仲間・「あ、もしもし、ちょっとギャラの良い仕事があるんだけどやらない? 3曲演奏するだけ。ギャラは@#/#_円なんだけどどう?」

おぉ!この不景気な時代になんという好待遇!断る理由がない!

僕・「やります!やりたいです! んで、日程は?」

仲間・「三日後。。。」

僕・「三日後!?。。。。ちょっと待って」

すぐその場で手帳を確認すると、、空いてる !!

なんという偶然!神様!ありがとう!

そんな感じで、その日空いてる旨を伝えて詳細を聞くと、

やる曲は3曲、三日後なのでリハーサルは無しで譜面を見ながらの演奏で構わないらしい。

割と大きなイベントでダンサーさん達が踊る曲を生演奏でやって欲しいとの事でした。

こういう場合、譜面を予め送ってもらい、当日までに確認などしておくのですが、僕の予定がこの頃割と立て込んでいて、なかなかジックリ予習をする時間がないまま当日を迎えてしまいました。

とはいえ、聴いたことある曲だしそんなに難しくないし譜面あるなら余裕でしょーと、その時はタカををくくっていたのですが。。。
当日、ステージにセッティング。

ステージ広い!

ダンサーさん達が踊るのでステージの後ろの方に機材を並べます。

譜面台に曲順に譜面を並べてライトもつけて準備します。

うん、空き時間にメンバーと打ち合わせもしたしバッチリ!大丈夫!

さーどんとこいやー!!

「1,2,3,4!」

ドラマーのカウントで曲が始まります。

うんうん、みんな良い感じ! あー良いメンバーだなぁ♪

ダンサーさん達かっこいい!!

こんな素敵イベントに呼んでくれてありがとう!

一曲目が終わります。

会場の空気もアツく、歓声が飛び交う。

すぐに2曲目スタート。

おお!ダンサーさんテンションMAX!

すげー!!
。。。。あ、ダンサーさんなんか下がってきた! 近くで見ると迫力凄いなぁ!
。。。おぉ更に下がってきた!

かっこいい!
。。。。あ、なんか近い。。大丈夫かな。。。。
。。。あー、近い近い!こっち見て!(汗)
あー!下がり過ぎ! 下がり過ぎ!!
ドカーン!!!

ダンサーさんの回し蹴りが譜面台にクリーンヒット!

その瞬間はスローモーションの様でした。

吹き飛ぶ譜面台、飛び散る譜面、慌てふためく僕、それを見て吹き出す共演者(笑)

ぎゃー! 譜面見れないと厳しいー!!

次のコード何!? いま曲どこ演奏してるの!!??

テンパるテンパる!(泣)

こうなりゃ勘だ! 五感をフルに使え!先を読むんだ!

譜面はこの曲が終わったらすぐに拾おう!
しかし、こういう大きなイベントではスタッフさんの数も多く、教育も行き届いていて、焦ってたらすぐに舞台袖から譜面を目立たないように拾いにスタッフさんが飛び出してきました。

おぉー! 救世主(泣)ありがとうございます!

そしてスタッフさんが譜面を拾い上げようとしたその時。。。
「ダンっ!!」
あ、ダンサーさんの足が譜面に。。。

そしてそのままターン!
「ビリビリー! ぐしゃっ!」
スタッフさんの手に譜面の欠片をのこして見事譜面は破け散ったのでした。。。。
その後は完全に開き直り、勘と記憶だけを頼りになんとか演奏を乗り切り、無事にイベントは大成功!

イベント終了後はその話題でメンバー、ダンサーさんとスタッフさんと盛り上がり、大爆笑で幕を閉じました(笑)
僕はそれ以来、更に念入りに曲の確認や予習をするようになったのでした。

どんなに聴いたことある曲でも、慣れた環境でも、ステージでは何が起きるかわかりません(笑)

確認や予習はやり過ぎということは何一つ無いのです。

沢山の演奏をするようになると曲を全て覚えるのはなかなか難しい時もありますが、本当は譜面見なくても演奏出来るようになっているのが理想ですね♪

8月は生徒さん達の発表会。みんなちゃんと覚えてくるかなー?(笑)

楽しい音楽ライフを♪

ギター講師

礒玲仁