acoustic recording

弾き語りのレコーディング

東京 吉祥寺のレコーディングスタジオ「キッカ」では、弾き語り(歌、アコースティックギター、電子ピアノなど)のレコーディングを行っています。歌とギター、歌と鍵盤などを演奏するソロアーティスト、アコースティックユニットの方など、お気軽にご相談ください。

recording price

弾き語りレコーディング料金

サッと1曲簡単に録るだけの3時間ライトパックから、通常の6時間・8時間パックをご用意。2名以上のユニットの方や広々とした環境で録りたい方は、Cスタジオ(ドラムやアンプのある通常スタジオ/12帖)をご利用ください。

平日
土日祝
レコーディング 3Hパック
平日
¥21,000
土日祝
¥24,000
レコーディング 6Hパック
平日
¥34,500
土日祝
¥39,000
レコーディング 8Hパック
平日
¥42,000
土日祝
¥48,000
レコーディング 6Hパック(Cst利用)
平日
¥40,000
土日祝
¥45,000
レコーディング 8Hパック(Cst利用)
平日
¥50,000
土日祝
¥56,000

※スタジオレンタル代とエンジニア料金が含まれています。
※表示は全て税抜き料金です。

コントロールルーム(16帖)
ボーカルブース
Cスタジオ(16帖)

time schedule

弾き語りレコーディングの当日の流れ

あくまで一例ですが、6Hパックで弾き語りの楽曲2曲をレコーディングする際の当日の流れ・タイムテーブル例をご紹介します。

12:00(0.5h)
セッティング・サウンドチェック
アコースティックギターやキーボードなど演奏楽器のセッティングをします。
弾き語り楽器のセッティング
12:30(1.0h)
楽器パートレコーディング[2曲]
まずは楽器パートを録ります。(ノリを出すために歌のレコーディングを同時に行うことも可能です。)
13:30(2.0h)
ボーカルレコーディング[2曲]
録った楽器のトラックを聴きながら、歌を重ねて録っていきます。必要があればコーラスパート、ハモリなどもレコーディングします。
ボーカルレコーディング
15:30(2.0h)
エディット・ミックス
歌のテイクを選んだり、ピッチ補正やタイミング修正などの編集を行います。一緒に聴きながら、気になった点は遠慮なくどんどんご相談ください。
エディット・ミックス作業
17:30(0.5h)
マスタリング
マスタリング(音質や音圧の最終調整)を行い、最終的に音源CDとしてお渡しします。もちろんデータ納品も可能です。おつかれさまでした!!
マスターデータお渡し